2017年10月31日火曜日

選べる☆6おひとつプレゼント と言われても・・・

書いていたら、やたら長くなったので、最初に結論を。

クエスト中心にやる人なら、剣士シグ魔人シリーズ喫茶シリーズがおすすめ。
ギルイベ中心にやるなら、ギルド内で持っている人がいなければコモネが最優先。同様にギルド内に持っている人がいなければ熱砂の旅人シリーズが次点。コモネも熱砂もサポートで任せられるなら、自分用に剣士ラフィもあり。
いろんなカードがあり、いろいろ選べると言っても、デッキを組むのに必要なカードとなると、このくらいでしょうか。
他にも雅楽師、童話、漁師、闇の天使とか必須カードはありますが、今回のキャンペーンでもらう必要はないと思います。(既にいろいろ持っている人なら、持っていない必須カードをピンポイントでセレクトするのもありですが。)

以下、お勧めしたカードについて、私自身が使ってみての感想です。

◆UR(ユーザーランク)100未満の初心者は、必須カードがそろってなくて、単色デッキを組むのも難しいだろうから、多色デッキを強化するカードが適しているのだけれど、今回のキャンペーンには黒シグ、赤アミは入っていません。

(初級者向け 多色デッキリーダー 賢者シリーズ)
黒シグ以前の多色デッキリーダーと言えば、賢者シリーズです。
私も赤アミをひく前は、賢者で多色デッキを組んで使っていました。プリズムボールを発生させるスキルもぷよ35と軽いので、デッキに入れるカード次第では、けっこう強いデッキになります。ただ、体力強化がないので、黒シグや赤アミにサポートしてもらえないと、ギルイベのボス戦は厳しいかもしれません。
最近、よくガチャで引けるので、今回、これを選ぶ必要はないと思いますが、使えるカードであることは確かです。

◆UR200前後になれば、少なくとも漁師や初代は持っているでしょうから、単色デッキを組めると思います。

喫茶シリーズ ←お勧め! 中級者向け 単色デッキリーダー

喫茶シリーズで、赤、青、緑の単色デッキを組むと、非常に使いやすく、安定したデッキになります。漁師と初代を両方持っている色の喫茶シリーズを選ぶのがいいと思います。
漁師か初代、どちらか1枚しかない場合でも、将来、その色の単色デッキに発展させることを考えて、喫茶シリーズを選ぶというのもありかと思います。
なお、赤青緑の星座ガールズを持っているなら、それでいくらか代用できるので、別のカードを考えてもいいかと。

通常クエストのかなりの部分は、喫茶リーダーの単色デッキでクリアできます。ギルイベのボス戦でも2~300体目あたりまではこなせます。ただ、喫茶シリーズは体力を強化しないので、サポートで体力強化しないと自動回復する前にカードを落とされてしまいます。私は喫茶りんごの緑単デッキを使っていましたが、いつもロックハーピーにサポートしてもらっていました。

私は同じ頃、賢者イザベラで多色デッキも組みましたが、喫茶りんごデッキのほうが安定していたので、喫茶のほうをよく使いました。
また、サポートに出しても使ってもらえるカードです。

(単色デッキを強化したいなら 童話シリーズ)
今回、これを選ぶ必要はないと思いますが、喫茶や魔導剣士を既に持っているのに童話を持っていないなら、ありえる選択肢です。

私は喫茶りんごデッキを使っていたのに、童話シリーズを持っていませんでした。喫茶りんごのスキル発動で、相手のターンを2ターン追加しても、そこからの出足が遅いので、クエストの途中で喫茶りんごのスキル発動をためらうこともありました。
しかし、童話シリーズを引いてからは、次のスキル貯めまでが早いので、かなりやりやすくなりました。
しかも童話は☆7にすると、さらに強力になります。みんなとバトルやみんなでバトルのリーダーとしても使えます。サポートに出しても使ってもらえます。
今回のキャンペーンでもらう必要はないと思いますが、ずっと使える必須カードであることは確かです。(私は赤と黄の童話を持っていないので、欲しいと言えば欲しいのですが、もっと欲しいカードもあるから、今回は・・・)


◆上級者以上になると、私の持っていないカードをたくさん持っている人ばかりなので、私の話などする必要もないのですが、それでも私のような少額課金(10個120円の課金しかしない)や非課金のひとは、少ないカードプールでやりくりしていると思うので、一応参考までに。

私はUR400を超えた頃に、運よく赤アミとかわったエコロを引き当てました。
赤アミは攻撃と体力の両方を底上げするので、非常に使いやすい。どんなカードと組ませても、5色そろえれば、そこそこ強いデッキになります。赤アミのスキルで攻撃強化して、ぶん殴れば勝ち、というデッキになるので、強力なスキル攻撃を持つ多色カードと組ませるのがいいことになります。
だから、赤アミ+かわエコの組み合わせは非常に強力で、決まりきった勝ちパターンの面白みのないデッキではありますが、いまだにメインのデッキとして使っています。
かわったエコロのスキルは多色だと強いスキルなので、まさに多色デッキ専用のカードと言っていいでしょう。残念ながら、今回のキャンペーン対象外ですが。
キャンペーン対象の中から選ぶとすると、これ?

コモネ ←ギルイベ用の有力な選択肢、5色デッキ用のお勧めカード


ギルイベの全盾ボスに対抗できる数少ないカードのひとつ。
リーダーやサポートに使えるカードなので、ギルド内にコモネをサポートに出せる人が2~3名居るなら、それを借りればいいので必須ではありません。しかし、居ないなら有力な候補となります。と言うか、誰かがこれを持つよう、ギルド内で相談したほうがいい。
なお、同じ吸収スキルをもつサキュバスは、リーダースキルがサポートに向いてません。
私の試算では1回の吸収で20~30万、これを3ターンで90万くらいのダメージを与えることができます。相手全体で90万ですので、通常クエストなら相手が何枚かいても全滅させられます。ギルイベのボス戦では、3ターンの間にスキル貯めできれば、吸収で体力回復しながら、攻撃を継続できます。

(単色デッキ用お勧めカード)
召喚士やとことんの塔とか、最近は単色デッキのほうが向いているイベントが多いので、単色デッキ用にはこんなカードが候補。

魔導剣士シリーズの一部

剣士シグ ←ばかでかい攻撃力を出したいならこれ



剣士アミティや聖獣拳士は3ターン×6連続攻撃で18倍の攻撃を発生させるが、剣士シグは1ターン×デッキの全カード6枚×3連続攻撃でほぼ18倍の攻撃となる。聖獣拳士の攻撃力が強力なのは幻獣デッキでわかっているので(私の1億ダメージデッキはこのタイプ)、それを1ターンで実現させるこのカードの攻撃力は相当なものだろうと思われます。攻撃アップスキルと組み合わせると、ものすごいことになりそう。

剣士ラフィ ←ギルイベの全盾ボス用。コモネでなければ、こちら。

最大の無属性攻撃を出せるカードです。☆6で40万、☆7で50万。
ギルイベではリーダーやサポにするカードが限定されるので、自分のスタメンにこのカードを持っていなければデッキを作れません。同じ全盾ボス用にコモネを使うデッキもありますが、こちらは、コモネをサポートにお願いすればデッキになります。
で、うちのギルドではコモネやクロミを、サポートに出してもらえます。
だから、私は剣士ラフィをもらおうと考えてます。

剣士ラフィの代わりにさくらラフィで全盾ボスに挑戦した時のデッキです。



剣士アミティ ←赤の聖獣拳士スザクを持っていないならこれもあり?

スキルはスザクと同じ3ターン×6連続攻撃というものなので、スザクがなければこれもあり。(持ってませんが・・・)


剣士クルーク ←紫の幻獣デッキを組むと言うのならありかも。既にコモネを持っている人にもお勧め。

剣士クルークとほぼ同じスキルを持つヴァルキュリアのフィヨラを持っていますが、「3ターン2.5倍にする」を活用できる場面が少ないように思います。幻獣チャージデッキでなら活用できるかな、というところ。紫には、4ターン以上継続する怒り、怯えや麻痺のスキルを持つカードがないので、チャージ時の攻撃強化に使えると思います。他の色では、怒り、怯えのスキルでダメージ2倍にできるので、それで充分かと。

(追記)
そういえば、コモネやクロミの吸収デッキも3ターンでした。剣士クルークで攻撃強化すると丁度いいですね。


魔人シリーズ ←通常クエストをオートでこなしたい人向き。


すごく楽です。
でも、いつも使うのでなければ、うちのギルドではサポートで借りられるので、自分が持つ必要性が少ないんです。

ためしに紫単でスルターナを使ってみたデッキ


熱砂の旅人シリーズ ←ギルイベ用に持っていてもいいカード


これもギルイベでは必須のカードですが、サポートしてもらえるなら、自分が持っていなくてもなんとかなります。その場合、自分は喫茶、星座ガールズまたは召喚士をリーダーにできるようにしておかなければいけません。
ギルドで持っているひとがいないなら、これもギルド内で相談して誰かが持っているべきカードです。
必須の色は黄色のソラ。ディーナの麻痺を使って拘束したりできるので、黄色が一番便利かと。

私はけっこう使っているのですが、その使い方はこんな感じ。

ギルイベ用の死なないデッキ



バトル用の、グループを撃破しないでバトルに勝つデッキ



ちょっと分かっているプレーヤーだと、様子をうかがっているのか、すぐにぷよ消しを始めなかったりするので、その戸惑った感じを面白がっていました。そういう底意地の悪い心理戦を楽しめたのですが、バトルがCOM戦だけになって、嫌がらせができなくなりました。残念。



0 件のコメント:

コメントを投稿