2017年9月5日火曜日

水やりのパラドックス

当ギルドのメンバーは、いい人が多い。
水やりが不足していると、みんながお手伝いで水やりをしてくれます。

で、結果として

  • 自分で水やりをしないで、さぼっていると、お手伝いの回数が増えます。
  • 小まめに自分で水やりをしていると、お手伝いの回数が増えません。

ズボラな人が得をするという、なんとも変な話になります。
実際、私自身も、水不足で赤や黄色の表示になっている畑から順にお手伝いしていますから、これはしかたないことなんですが。

で、せこく身勝手に、自己中で畑をやるなら、こんなふうになります。
  • 自分で水やりをしない。メンバーのお手伝いにまかせる。
  • 自分がお手伝いするときは、水不足かどうかを無視して、自分が欲しい野菜で収穫時期が近いもの(つまり、本来、お手伝いが不要なもの)を優先してお手伝いをする。
短期的には、これで自分だけ得をするかもしれませんが、ギルドの全員がこれをやると、農園が機能しなくなります。
やはり、普通に自分の畑は自分で水やりをして、水不足の畑を優先してお手伝いしたほうがいいでしょう。


0 件のコメント:

コメントを投稿